Language: EnglishEspañol日本語
 ドイツ留学 - 本場ドイツでドイツ語を習得
did ドイチュ インスティチュートは、語学学校をベルリン、フランクフルト、ミュンヘンにもつドイツ語学校で、ドイツ留学生、ドイツ語学習者に向けて様々なドイツ語コースを開講しています。

ドイツで語学留学 - ドイツ語コースについて

大学のドイツ語コース

ドイツの大学の多くでは、将来ドイツの大学への正規入学を予定している学生に向けたドイツ語コースを開講しています。 一般的なドイツ語力を高めるコースの他、大学への正規留学に必須である、DSHドイツ語能力試験への対策コースなども行っています。

私立の語学学校に比べて割安であること、また受講中は大学の施設を利用できることも、ドイツの大学でドイツ語コースを受講するメリットの一つです。

公立のドイツ語コース(Volkshochschule)

Volkshochschule ("フォルクスホッホシューレ" 以下VHS)とは、ドイツ各都市の市/自治体が運営している、カルチャーセンターのような教育施設です。 VHSでは、料理や音楽、ダンスなど、趣味をひろげるコースや、コンピューターや会計など、将来の就職に役立つ知識や技術を身につけるコースなど、様々なコースを開講しています。

VHSの殆どでは、外国人を対象としたドイツ語コースも開講しており、私立のドイツ語学校と比較して割安であるため、限られた予算でドイツ語を身につけたい留学生にとって、人気のある学習手段です。

VHSは、公立の施設であるため、開講時期が年に数回と限られていること、またドイツ語コースは人気があることから、できるだけ早めに情報収集し、申込手続を進めることをお勧めします。

Volkshochshuleに関する詳細は、こちら(ドイツ語のみ)

私立、民間のドイツ語コース(ドイツのドイツ語学校)

ドイツ語を本格的に学びたい方、ドイツ語を一からドイツで学習したい方は、私立(民間)のドイツ語学校へ通うのが、ドイツ語を短期間で学べる近道といえます。

私立の語学学校の場合、大学やVHSのドイツ語コースと比較して、1クラスあたりの生徒数が少なく、またドイツ語初心者でも受講できるコースも開講されています。 更に、大学の夏休みや、VHSの休暇期間などに関わらず、いつからでも受講開始できるのもメリットの一つです。

また、殆どのドイツ語学校では、ホームステイやアパートなどの滞在施設の手配も行っている他、語学学校の一部では、ドイツの大学進学サポートも行っています。 そのため、ドイツでの留学生活に慣れるまでの、はじめの数ヶ月は私立の語学学校へ通いつつ、現地でその後の方向性を決める、というのも一つの方法です。

ベルリン・ミュンヘンの語学学校に関する詳細は、こちら

ランゲージエクスチェンジ (タンデム / Tandem)

「ドイツ人の友達を作りたい」「できるだけお金をかけずにドイツ語を学びたい」という方は、ランゲージエクスチェンジ(タンデム)のできるパートナーを探してみるのも、一つの方法です。

ランゲージエクスチェンジ(ドイツ語では、よく「タンデム」といいます)とは、日本語を学びたいドイツ人の学生を見つけ、日本語もしくはドイツ語で会話することです。 プライベート授業のように、お互いにドイツ語/日本語を教えあったり、あるいは興味のある話題について話し合ったり、共通の趣味を一緒に楽しんだり、どのような形でタンデムをするかは、貴方のタンデムパートナーと相談しながら、自由に決められます。

通常、タンデムパートナーは、地元のフリーペーパーや大学の掲示板、もしくはインターネット(コミュニティサイトなど)を通じて見つけることができます。